日本は自然に恵まれた国です。山を覆う森林や、また身近な庭の草花や公園の樹木など、緑はそれらの自然を象徴する色です。

若竹色、萌黄色、若菜色、など、植物をあてた色名が多くあり、藍と黄の染材の濃淡をかけあわせることで多様な緑をあらわしています。

黄みが強い緑から、青みの強い緑まで、色数が多いです。

みずみずしい、若さ、さわやか、安らぎや癒し、といったイメージがあります。

青と黄色の混色で作られる色なので、それら2つの色となじみます。

また、控えめな色なので、他の色ともバランスが取りやすいです。

タイトル 作成日
2016年8月25日 2016年08月25日
2016年8月17日@上野不忍池弁天堂 2016年08月17日
2016年8月16日@上野恩賜公園 2016年08月16日
2016年8月9日 狩衣(かりぎぬ) 2016年08月09日
2016年8月9日 十二単(緑) 2016年08月09日
2016年6月18日 2016年06月18日
2016年5月16日@二子玉川 2016年05月16日
2016年4月18日@川越 2016年04月18日
2016年3月3日 2016年03月03日
2016年3月3日 2016年03月03日