5度以下

着物、長襦袢、羽織、コートは全て袷。厚手のコートはもちろん、あったか素材の長袖肌着やレギンスを履いてインナーからしっかり防寒。

ネル素材の足袋や足袋カバーの重ね履きで足先の冷えを防止したり、マフラーや手袋で風が入りやすい首筋や袖口をカバー。手袋は肘まであるロング手袋がおすすめです。


6度から14度

着物、長襦袢、羽織、コートは全て袷。羽織やコートを重ね着をしたり、インナーを着て防寒対策を。単衣でもウール素材は暖かく着れます。


15度から22度

着物は袷、長襦袢、羽織、コートは単衣。朝夕は冷えることがあるので、薄手のコート、羽織やショールなどの羽織物で温度調整を。


23度から28度

着物、長襦袢、羽織は全て単衣。帯は夏物でもOK。25度を超えたら、麻の襦袢などで中を涼しくするのもいいですね。


29度以上

いよいよ夏着物、浴衣の出番です。見ためも中身も涼しい着こなしを。最近は通気性の良いメッシュ素材の伊達締めや帯板も売られています。冷房対策として薄手のショールを携帯するのもおすすめです。

広告