単衣(ひとえ)とは、裏地のついていない着物のことです。着用時期は主に6月・9月で、「春から夏に向かう時期」「夏から秋に向かう時期」の季節の変わり目に着用します。

腰回りの生地を補強するため、「居敷当(いしきあて)」という裏地がついている着物もあります。

一致する項目は見つかりませんでした。