袷(あわせ)とは、裏地のついている着物のことです。着用時期は、一般的には10月~翌年の5月くらいまでです。

10月や5月の季節の変わり目には、その日の気温によって、袷と単衣を使い分けると、より快適に過ごすことができます。

反物から仕立てる際には、裏地の色柄を選ぶことができるのも、袷の着物ならではの楽しみ方です。


単衣(ひとえ)とは、裏地のついていない着物のことです。着用時期は主に6月・9月で、「春から夏に向かう時期」「夏から秋に向かう時期」の季節の変わり目に着用します。

腰回りの生地を補強するため、「居敷当(いしきあて)」という裏地がついている着物もあります。

  • All
  • 一月
  • 七月
  • 三月
  • 九月
  • 二月
  • 五月
  • 八月
  • 六月
  • 十一月
  • 十二月
  • 十月
  • 四月
更にブログを表示 SHIFT Key を押しながらクリックすると全てを表示 全てを表示


夏物

7月・8月に着用する、夏専用の着物です。

透けた生地で作られていて、その透ける様子で、見た目にも涼やかさを感じることができます。

監修

着物が好き・・・

着物を着て遊ぶことが好き・・・

着物で夢見ることが好き・・・・

そんな着物好きの皆様、一緒に着物を愉しみましょう。

http://dreamers.tutahu.com/

 

協力

日本文化を軸に伝ふものや伝ふことを研究し、実践を試みる会社です。

目的のまえに集団の和を大切に考えています。

集まっていただいた仲間で、できることを目的にしていく方針で活動しています。

http://tutahu.com/

 

広告