暑さが残る9月上旬は、すすきや萩、桔梗などの秋の七草や鈴虫などの柄で秋の始まりを演出。9月中旬以降からは稲穂、柿、栗、葡萄といった秋の実りや色づいていく山をイメージした
朱や橙色、からし色、茶色、青紫などの暖かくて深みのある暖色系が似合います。冬に向かってだんだんと寒くなっていきますので、ショールや羽織、コートを重ね着して防寒しましょう。

一致する項目は見つかりませんでした。