名古屋帯

大正時代に考案されて以来、現在も着物好きには書かせない帯の一つです。

手先を半分に折り、帯芯を入れて「名古屋仕立て」という仕立て方にするのが一般的です。

お洒落着の着物に合わせて日常に楽しむことが多いですが、金糸銀糸や箔を使った華やかなものは付け下げや色無地などのセミフォーマルにも使用でき ます。

一致する項目は見つかりませんでした。