江戸小紋

江戸小紋は糊で防染した模様が白く染め抜かれた着物です。遠目からみると一色染めの色無地のように見えることから、紋を付け、袋帯を合わせると準礼装の装いになります。小紋の一種ではありますが、特別な小紋として位置づけられています。

一致する項目は見つかりませんでした。