黄色は、明るい、暖かい、快活、陽気といった印象を与える色です。

親しみやすさを感じるので、万人受けします。

太陽光線と結びつけられている色で、「黄金」にも通じ、国王・皇帝・神などの権威や壮麗さを象徴する色でもあります。日本では、黄櫨染(こうろぜん)や黄丹(おうに)が天皇、皇太子の色とされており、重要な儀式の際に身につけられています。

江戸時代に多様された鮮やかな「鬱金(うこん)」、明るい「卵色」などがあり、濃淡で印象がかわる色です。

幼さや、注意喚起といったイメージもあり、また、目立つ色なので、現代では幼児の衣服や持ち物などにも用いられています。

Pin It

協力:

banner s4

 

協力:

banner s1

 

広告