現代では灰色、グレーという色名になじみがありますが、江戸時代は火事が多かったため、火を連想させる「灰」を嫌い、「鼠色」と呼んでいたそうです。

茶色と並び、「四十八茶百鼠」もの微妙な色合いがあります。

他の色とのなじみがよく、自己主張せず周囲の色を引き立てる調和の色です。

控えめな上品さがあります。

落ち着き、大人、上品、クール、エレガント、スタイリッシュ、地味、などのイメージがあります。

Pin It

協力:

banner s4

 

協力:

banner s1

 

広告