茶色

茶色は華やかさとは無縁の渋い色ですが、そのわずかな色調の変化で様々な色合いを表現することから、「通(つう)」や「粋(いき)」な色とされています。江戸っ子にも大変人気で、歌舞伎の人気役者や茶人の名などから名前をつけ、「四十八茶百鼠」もの微妙な色合いを楽しんでいました。

自然界では土の色に代表され、万物の根底にあり静かで不可欠な色です。

茶色のイメージは落ち着き、安定、安心、温もり、頼もしい、渋い、素朴、などがあります。

一致する項目は見つかりませんでした。